現在表示しているページ
ホーム > 図書館・関連施設 > 健康管理センター
ここから本文です

健康管理センター

お知らせ
  1. 健康管理センターは、平成26年3月24日(月)より管理棟1階北側に場所を移動しました。
    ご来訪の際は、お間違いのないよう、お願い致します。
  2. 健康管理センターは、和歌山県立医科大学の職員・学生を対象とした施設となります。外部の方のご利用は出来ません。

健康管理センター長あいさつ

健康管理センターを健康づくりの拠点

写真:健康管理センター長

健康管理センター長 北野 雅之(内科学第二講座)

この度、本学の学生・教職員の皆様の健康づくりを支援するための「健康管理センター」を担当することになりました。

このセンターは、健康づくり支援(一次予防)および疾病の早期発見・早期治療(二次予防)を主体とした事業を総合的に展開する拠点であります。これらの事業は、学生の健康管理については、学校保健・安全法、教職員については労働安全衛生法が主体となりますが、本学の学生・教職員に必要な独自の健康諸策を積極的に今後行って参りたいと思います。

具体的には、

学生に対しては、

  • 健康相談(メンタルヘルス相談)
  • 健康診断および事後指導
  • 4種(麻疹・風疹・水痘・ムンプス)、B型肝炎の抗体検査とワクチン接種
  • 健康情報の提供 等

学校医の先生方、学生部教務学生委員会等のご協力のもと、紀三井寺キャンパス、三葛キャンパスの全学生を対象として展開して参りたいと思います。

教職員に対しては、

  • 健康相談(メンタルヘルス相談)
  • 一般健康診断および事後措置
  • 特殊健康診断(有害業務)および事後措置
  • いわゆるメタボ対策・支援
  • 長時間労働対策(医師による面接指導)
  • 職場巡視(職場環境改善)
  • 禁煙支援(禁煙外来紹介も実施しています)
  • 健康情報の提供等
  • ワクチン接種(B型肝炎及び4種)
  • メンタルヘルス対策及び教育
  • 復職支援対策

紀三井寺事業所(医学部、附属病院)、三葛事業所(保健看護学部)、かつらぎ事業所(紀北分院)の全職域、全教職員を対象として、専属産業医を中心に、衛生委員会の方針に基づいて積極的に進めて参ります。

本学は、医師・看護師養成の大学であります。「健康づくり」のプロ集団としての全構成員の自覚のもと、きめこまかな、質の高い健康づくり支援、実践を行って参りたいと思います。

本学学生、教職員の皆様方の当センターに対するご理解とご支援、積極的なご活用をこころよりお願い申し上げます。

産業医あいさつ

安心して学業と研究に打ち込める環境を

産業医 西尾 信宏

この度、三葛キャンパス(事業所)の産業医に選任されました。
保健看護学部学生と医学部1年生が学ぶ三葛キャンパスは紀三井寺キャンパスから少し離れておりますが、健康管理センター長の北野雅之先生や保健師をはじめとするスタッフと共に、教職員のみならず、学生にも質の高い健康管理を提供し、キャンパスの皆さんが心身ともに快適な日常生活が送っていただけるよう尽力したいと思っております。
どうぞご理解・ご協力をお願い致します。

快適で安心な職場環境を目指して

産業医 梅本 秀俊

この度、紀三井寺キャンパスの産業医に選任されました梅本と申します。
紀三井寺キャンパスは学生、教職員、事務職員をあわせ2000人を超える事業所です。医療に従事する方の多い、厳しい労働環境・労働条件の職場であると考えます。

健康管理センター長の北野先生、三葛キャンパス産業医西尾先生、保健師をはじめとするスタッフの方々と共に教職員の皆様が心身ともに健康に勤務できるように努力したいと考えております。また学生の方にもよりよいキャンパスライフを送っていただけるよう、健康面で配慮していきたいと考えております。

未熟者ではございますが、何か少しでも気になることがありましたらお気軽に健康管理センターまでご連絡いただければと思います。どうぞ宜しくお願いいたします。

センターの目的

健康管理センターは、管理棟1階にあって、職員及び学生の健康の保持増進を図るためのセンターです。定期健康診断をはじめ、応急処置、健康相談などを行っていますので、いつでも気軽に足を運んで下さい。

健康管理センターの利用について

1.健康管理センターの施設

健康管理センターには、一時的な休養のためのベッド及び健康相談室を準備しています。

2.健康相談(平成26年3月24日(月)から健康相談室が出来ました。)

健康管理センターは、皆さんの健康相談の窓口になります。相談内容に関する秘密は固く守りますので、安心してお越し下さい。

3.健康診断証明書発行

就職などの申請に必要な健康診断証明書は、定期健康診断の結果に基づいて、5月下旬より希望者に発行します。
(なお、学生の場合、定期健康診断を受診していない方や、健康診断終了後に健康診断個人票を提出せずそのまま紛失された方には、発行できません。)
なお、健康診断証明書の発行には3日間程度時間を要しますので、余裕を持って申請願います。

※就職活動等で必要になった健康診断証明書については、健康管理センターの書式以外では作成することは出来ません。外部の書式には記入出来ませんのでご了承下さい。
(申請受付場所及び時間:管理棟1階健康管理センター/平日9時~16時)保健看護学部生は、保健看護学部事務室へ申請願います。

4.健康管理センターの利用時間

月曜から金曜までの9時00分~12時00分、13時00分~17時00分です。
(土曜日、日曜日、祝日、年末年始は、利用できません。)

健康診断の受診について(和歌山県立医科大学では、職員の健康増進を推進するため、健康診断受診率の100%を目指しています)

【労働安全衛生法 第66条第5項】
労働者は、前各項の規定により事業者が行なう健康診断を受けなければならない。ただし、事業者の指定した医師又は歯科医師が行なう健康診断を受けることを希望しない場合において、他の医師又は歯科医師の行なうこれらの規定による健康診断に相当する健康診断を受け、その結果を証明する書面を事業者に提出したときは、この限りではない。

※判例では、事業者は労働者に対して健康診断の受診を職務命令として命じることができ、受診拒否に対しては懲戒処分を行なうことが認められています。

健康管理センター活動内容(随時文書でお知らせします。)

  1. 学生及び職員の健康管理業務の実施
  2. 学生及び紀三井寺事業所職員の応急処置
  3. 健康診断証明書発行(職員及び医学部生)
  4. 健康診断事後指導対策
  5. 過重労働対策
  6. 衛生委員会の開催
  7. 職場巡視の実施
  8. 禁煙対策事業
  9. こころの健康相談(詳細はこちら
  10. 復職支援対策(詳細はこちら
  11. ストレスチェック制度の実施(詳細はこちら
健康管理センター
内線:5730(直通:073-441-0798)
Eメール:kenkou-c@wakayama-med.ac.jp