現在表示しているページ
ホーム > 研究・産官学連携 > 産官学連携の制度 > 受託研究
ここから本文です

受託研究

委託者から依頼を受けて行う研究です。
※受託研究を実施する場合、原則として、研究開始前に受託研究契約の締結が必要となります。
※原則として、研究経費の10%相当額が間接経費として必要となります。

受入れ手続き

図:受入れ手続き
  1. 企業等から産官学連携推進本部に受託研究に関する相談
  2. 企業等から理事長あて受託研究に関する申込
  3. 大学(事務局)と企業等との間において、契約に関する協議
  4. 大学受託研究審査委員会において審査
  5. 大学(事務局)と企業等との間で受託研究契約を締結
    ※ 契約は、理事長と企業等において締結します。
    ※ 研究経費の納付
  6. 受託研究開始