現在表示しているページ
ホーム > 研究・産官学連携 > 産官学連携の制度
ここから本文です

産官学連携の制度

受託・共同研究、寄附金等の受入れや申込みについて

県民の健康増進、地域産業振興など本学の医学・保健看護学の分野における社会貢献を目的とし、政府公共機関や産業界との共同研究等を推進します。

また、奨励を目的とする個人や企業等からの寄附金を有効活用し、教育研究等の進展及び充実を図っています。 なお、受け入れ手続き等については、下記をご参照ください。

受託研究

企業等からの委託を受けて研究を実施し、委託者に成果を報告する制度です。

共同研究

企業等の研究者と本学の教員が共通の課題について、対等な立場で共同し研究を行う制度です。

寄附講座

奨励を目的とする民間からの寄附金を有効活用し、大学の主体性の下に設置運営し、教育研究等の進展及び充実を図るとともに、地域振興等に大きな成果を生む制度です。

研究相談

大学の有する研究情報を地域社会に広く還元するための窓口として、産官学連携推進本部を設けています。 健康増進、地域・観光振興、地域産業の商品化、産業の開発・育成に関する研究上の質疑等に応じます。

奨学寄附金

企業、個人等から大学の教育研究の奨励を目的として、奨学寄附を受け入れ、学術の振興に役立てる制度です。

各種様式ダウンロード

各種様式をダウンロードしてご利用いただけます。

受託・共同研究に関する相談
受託研究関係
共同研究関係
奨学寄付金関係
寄附講座関係