現在表示しているページ
ホーム > 診療科・中央部門のご案内 > 腫瘍センター緩和ケアセンター
ここから本文です

診療科・中央部門のご案内

腫瘍センター・緩和ケアセンター

診療内容

緩和ケア部門は悪性腫瘍に罹患した患者とその家族に対して、様々な専門職とボランティアがチームとして緩和ケアを提供しています。

緩和ケアとは「生命を脅かす疾患による問題に直面している患者とその家族に対して、痛みやその他の身体的問題、心理社会的問題、スピリチュアルな問題を早期に発見し、的確なアセスメントと対処(治療・処置)を行うことによって、苦しみを予防し、和らげることで、クオリティ・オブ・ライフを改善するアプローチ」と世界保健機関で定義されています。日本においてはおもにがんの患者とその家族に対応しています。

当院の緩和ケア部門には、抗癌治療は行わず難治性の症状緩和や終末期の入院を受入れる附属病院5-西病棟にある緩和ケア病棟(9床)と一般病棟入院中で抗癌治療を受けている患者の症状緩和・退院支援を援助する緩和ケアチームがあります。私たちは以下の基本理念に沿って診療・教育を行っています。

緩和ケア病棟への入室をご希望の場合は、院内・院外ともに緩和ケア外来を受診して頂く必要があります。院外の方は、原則毎週木曜日、院内の方は(火曜日・金曜日)の緩和ケア外来を、御本人もしくは御家族の方が、今までの病状や治療内容について書かれた紹介状を持って受診していただく必要があります。

原則として外来は予約制のため、前もって電話予約センターにお電話の上、診察予約をしてください。またお電話による相談のみも承っております。

緩和ケア外来 病院中央棟1階 TEL 073-447-2300 内線2170
緩和ケア電話相談 073-447-2300 内線2540
電話相談日 月~金曜日 9:00~15:00

緩和ケアチームの診療は院内入院中の方に限ります。主治医/担当看護師にご相談下さい。原則的に毎日対応させて頂きます。

専門分野

すべての悪性腫瘍による苦痛の軽減と療養生活の質の維持向上をはかります。診断の初期から終末期まで切れ目のない身体的/心理社会的サポートを多職種で提供します。

主な対応内容は、

  1. がん疼痛
  2. 精神/心理的症状(不眠、不安、抑うつ、せん妄など)
  3. その他の身体症状(呼吸困難、吐き気/嘔吐、便秘、胸腹水、浮腫、全身倦怠など)
  4. 療養先の相談
  5. 在宅支援

などです。

関連リンク

スタッフ紹介(2017年4月現在)

氏名 専門分野
川股 知之(かわまた ともゆき) 日本麻酔科学会指導医
日本ペインクリニック学会専門医
日本緩和医療学会暫定指導医
月山 淑(つきやま よし) 日本麻酔科学会指導医/専門医
日本ペインクリニック学会専門医
日本緩和医療学会暫定指導医
栗山 俊之(くりやま としゆき) 日本麻酔科学会指導医/専門医
日本ペインクリニック学会専門医
日本緩和医療学会専門医
大沢 恭子(おおさわ きょうこ) 精神科医師
西口 知子(にしぐち ともこ) ジェネラルマネージャー
温井 由美(ぬくい ゆみ) がん看護専門看護師
石徹白 しのぶ(いしどしろ しのぶ) がん性疼痛看護認定看護師
藤原 大(ふじわら まさる) 薬剤師
関本 査智子(せきもと さちこ) 社会福祉士

このページのトップに戻る

概念と設立理念

「集学的治療・緩和ケア部」は1999年5月,和歌山県立医科大学附属病院の新築・移転とともに発足した新しい中央診療部門で、集学的治療部と緩和ケア部から成り立っています。当部門は患者様の生命予後だけではなく,生命の質(Quality of Life;QOL)の向上を目指しています。

入院病棟の構成(5階西病棟)

「血液内科」病棟