現在表示しているページ
ホーム > 学部・大学院等 > 大学院 保健看護学研究科 > 大学院保健看護学研究科長挨拶
ここから本文です

大学院保健看護学研究科長挨拶

「地域に根ざした保健看護学の考究」

和歌山県立医科大学保健看護学部は平成16年4月に開設後、平成20年に保健看護学研究科博士前期課程(修士課程)が設置され、平成25年には博士後期課程(博士課程)が設置されました。また平成26年4月より博士前期課程の中にがん看護専門看護師コースも開設されています。博士前期課程(Master’s course)は、健康科学領域、基盤看護学領域、生活・地域保健学領域の3領域から成り、後期課程(Doctoral course)は、生涯保健看護学領域、地域保健看護学領域の2領域から成っています。

広い視野と高邁な倫理観に立って、人間の尊厳を重視する保健看護学の理念に基づき、大学院研究科の目的は、「地域に根ざした保健看護学の考究」の推進者として、保健看護学の未来を担う、高度臨床実践者・教育者・研究者の育成です。具体的には、①教育・研究を進めることができること、②保健・医療・介護・福祉の分野におけるニーズに先駆的に対応できること、③健康に関する様々な分野相互の連携の重要性が理解できること、さらに④地域における人々の健康に寄与・貢献できる人材の育成を目指しています。

大学院保健看護学研究科過程の教育・研究は、単に専門的知識と技術を習得するだけでなく、社会との関わりを基盤として、保健・医療・福祉のあり方を見通すことができる広い視野・洞察力・実践力と、疾病から健康にいたる科学的知識を持ち、高度な統率力と人を包括的に捉えることができる、健康づくりに関わる人材を期待しています。

日々の臨床の中での疑問を研究という形で整理してみたいと考える方、基本的な研究の手法や考え方を身に付けたいと考える方、将来、教育や研究の場に身を置くことを考えて、知識の量、見識の質を拡げ深めたいと考える方、専門的知識・技術をより高めたいと考える方など、もう一度大学というアカデミア(学究的環境)の中に身を置いて、現状を見つめなおす機会を持って下さい。一緒に学び、研究することで、将来の人間関係構築の一歩につながると思います。大学院における倫理観に基づく高度・先進的な教育と研究を通して、皆さんの職業人としての造詣がさらに深まることを信じています。多くの方々に大学院の門をくぐっていただき、和歌山県立医科大学「保健看護学」の名前を広めていただきたいと考えています。

大学院保健看護学研究科長
柳川 敏彦